グループウェアを使った情報の一元化

グループウェアは情報を集める機能がありますが、使い方によっては社内のさまざまな情報を一元化できると期待されています。

社内で作成されるデータの多くはそれぞれが独自に考えて作ることが多いのですが、グループウェアを利用することでテンプレート化することが可能になってきています。

グループウェア情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

テンプレートについてはこれまでにもOFFICEなどで提供されてきていますが、入力部分を統一できるグループウェアを利用することでデータをより定型的に集めることが可能です。

グループウェアでは情報の入力をテンプレート化しやすいのも特徴です。

リクナビNEXT JOURNALの最新情報が揃っています。

システムによってはOFFICE用のテンプレートを利用出来る仕組みも出てきており、汎用性が高まってきています。
テンプレートについてはSHAREPOINTなども利用できることが多く、一貫性のあるUIが作成可能です。
利用する側にとっても入力が決まっている方が良いです。



業務で作成するデータは後から利用されることが多いですから、テンプレート化しておくことは大事です。

また、グループウェアで登録されたデータを社内の別の基盤システムから呼び出したり、自動登録させる機能も開発が進んできており、データの利活用が進んできています。

利活用については特にスケジュールやBBSへの書き込みなどが使われてきており、全社で使えるヘルプデスクとしても活用されてきています。

また、会社訪問などの業務日誌についても情報公開され、新しいビジネスに活用されてきています。