グループウェアを動かす環境

グループウェアはWindowsPCで動く専用アプリケーションとして開発が始まっていますが、ウェブベースのシステムに変わってきています。

もともとLAN環境がまだまだ利用されていないときから開発が始まっており、当初は専用のネットワーク回線でアドレスを登録して利用されるケースが多く、使い勝手が悪かったのですが、webベースになり、ウェブブラウザがあればどこからでも利用できるようになってきていることから、使い勝手がよく、また、利用率が格段に伸びてきています。
グループウェアを動かす環境がウェブブラウザに変わってきたことでスマートフォン対応も急速に進んでいます。



携帯電話でもグループウェアは利用できていましたが、一部機能制限があったりと使う際は確認のために利用すると割り切っていた方が多いです。

livedoorニュースといえばこちらです。

しかし、PCとほぼ同等のwebブラウザが搭載されているスマートフォンですから、グループウェアの利用もPCやMACとほぼ同等の使い勝手になっています。



ファイル共有についても擬似ビュワーが搭載されていることが多く、WORDやPDF程度なら専用ツールでなくても見られるようになってきています。

グループウェアは動かす環境もアパッチなどWebサーバが動けばPCでも構わなくなるほど汎用的に動作しますし、クライアントについてもウェブブラウザがあれば良いなど、使える環境が劇的に進化してきてきており、今後も使える機能が増えていくと期待されています。