グループウェアのクラウド対応

グループウェアは社内にサーバを設置する方式からWebサーバを利用する方式に変わってきており、さらに進めてクラウド対応されることが多くなっています。


グループウェアベンダーによっては一般販売をせずにクラウド専業となっている企業も増えています。

グループウェアのクラウド対応は企業にとってはサーバメンテナンスのコストが大幅に下がり、また、月々のランニングコストを考慮してもトータルコストは一気に下ることとなり好評です。



特にアカウントが多い企業にとってはサーバの管理コストは目に余るということも多かったようです。



また、スマートフォン対応が必須となっており、外部との接続にVPNを設定するなどシステム側のコストは上昇傾向にありました。


クラウドはコストを大幅に下げることに成功しています。

利用は時間もしくはアカウント数で決められます。
そのため、異動が多い時期などアカウント数の変動が多い時でも月払いで変更が可能なのも好評です。
クラウドサービスによってはアカウント数ではなく、利用した時間で課金することも多いようですが、支払い方法や課金の方法が多数あるのもメリットの一つです。

クラウド対応すると気になるのがセキュリティですが、管理アカウントはIPアドレスで制限できたり、社内からしかアクセスさせないなどの設定が可能です。



また、不正に乗っ取られたアカウントを停止させることも管理アカウントですぐに対応できるのも利用が進んでいる要因の一つです。